ムダ毛処理とお肌のダメージ

気温が上がり、肌を露出する服を着ると気なるのがムダ毛です。
これまで、足や腕、ワキの下のムダ毛の処理のための様々なグッズを試してきました。

除毛ムース、脱毛テープ、脱毛器などです。メーカーによって多少の違いはありますが、ムダ毛処理は思った以上に肌にダメージを与えます。
様々なメーカーのものを試しましたが、肌が弱いので、たいてい使用後に赤くなり、肌を痛めるのを実感しました。
また、脱毛器も脱毛テープも毛の生え方によっては、抜け具合にバラツキが出ます。
結局もう一度カミソリで綺麗に剃る必要がありました。

一度だけ結婚式の二日前、ウェディングシェービングをしたことがあります。
なぜ二日前かというと、剃った直後赤みや炎症が起きる可能性があるからだそうです。
二日後それが落ち着き、毛もない綺麗な状態を保てるそうです。
エステのように、優しく専用のカミソリできれいに剃ってもらえて気持ちが良かったです。
プロの方もカミソリを使っていたので、この時以来カミソリで自分で剃るようになりました。
また、ウェディングシェービングでしていたように、剃る前にシェービング剤を使い、剃ったあとはクリームも塗って肌のメンテナンスも心がけるようになりました。

夏場の視線はムダ毛にロックオン!?

女性の夏の悩みと言えばムダ毛ですよね。男性ほど濃いわけではありませんが、女性でもムダ毛は生えます。

例えば、腋毛、スネ毛、腕の毛、そして男性ホルモンが濃い女性はヒゲも生える事があります。男性よりも、銀座カラーと表参道に行くことのある足の露出度が高い女性だからこそ、ムダ毛の処理はきちんとしなければ幻滅されてしまう事もあります。

とは言っても、自分で処理には限界がありますよね。いわゆる剃り残しというやつです。一人暮らしでバスタイムに長い時間をかけられるならまだしも、実家暮らしで朝のお風呂争いが起こっているならば、ムダ毛を剃る時間も限られてきます。そうなれば、当然剃り残しがたくさん出来る可能性があります。

もし、それが嫌!というのなら一人暮らしをすれば解決しますが、他の解決方法もあります。それは、顔脱毛と大阪の有名な脱毛エステに行く事です!でも高いんじゃないの?という心配があると思いますが、そんな事はありません。一人暮らしをする費用よりも全然お安く脱毛出来ます!

是非一度、脱毛エステに目を通してみてくださいね。

ムダ毛の処理はタイミング

来年こそサロンへ行って脱毛しよう!と思うのですが、
気がつくと七分袖を着る気候になり、そこでカミソリで処理してしまう為、タイミングを逃してしまいます。

コマーシャルでよく見る医療レーザー脱毛とVIOの名古屋
は、ある程度のムダ毛の長さがないとダメですよね?多分。

カミソリで処理をすると、見た目もあまりキレイではないし、
何しろ人と触れた時、ザラザラっとしてしまうのがイヤなんです。
そして足は、カミソリでの処理のせいなのか、赤いブツブツが消えません。
あぁ、この人、カミソリで処理してるんだ?と、絶対バレているはずです。

そもそも私は、腕と足こそそれなにりにムダ毛があるのですが、
脇は面白いほど少ないのです。
毛抜きでちょいちょいっと抜けば、1、2ヶ月は全然大丈夫。

脇の毛がキレイに処理されていないのはマズイけれど、脱毛ラボと池袋に行っている腕と足はそんなに問題ないかな?と、
自分に都合のいい考えが根底にあるのだと思います。
一応、世の中的には女性がだし、問題ないわけないのですが。

そしてまた勝手な言い分なのですが、肌の露出が始まる前、
冬の終わりあたりから脱毛サロンのコマーシャルをたくさんしてくれると、
タイミングを逃さずに済みそうです。

一枚刃のカミソリから5枚刃のシェーバーに買い換えました

ムダ毛処理には、一枚刃のT字カミソリを使っています。
以前は顔脱毛 愛知の4枚刃のシェーバーを使っていたのですが、剃り心地は良かったものの、
使い終わったあとのシェーバーの手入れが面倒だったからです。

ムダ毛の部分にクリームを塗って剃るので、4枚刃の間にクリームとムダ毛が挟まって、
洗い流しても、なかなか取れない事がストレスでした。
その点、一枚刃は、使用後の手入れが簡単です。ただ、やっぱり剃り心地がいいのは4枚刃の方なので、
何かいいものがないかな~?と思ってドラッグストアをのぞいてみると、
5枚刃かつソープ付きの刃という銀座カラーと横浜の「 ヴィーナス&オレイ ホルダー」という商品を見つけました。

これは、シェーバーの刃を水に濡らすだけで泡立つので、そのまま剃ることができます。
クリームではなく、泡なので、使い終わったあとの手入れも簡単でした。
また、剃り心地の良さや剃ったあとの肌のすべすべ感だけでなく、
泡のバニラの香りが面倒なムダ毛処理タイムも多少は快適にしてくれるので、お気に入りです。

季節変化とムダ毛処理

季節が変わってくると、女性にとってVIO脱毛 大阪でムダ毛の処理に追われる時期がやってきます。そう、夏の到来ですね。

冬の間は何とかタイツ類でごまかすことはできていましたが、暑くなってくるとそうは言っていられません。そういったわけで、多くの女性が足のムダ毛処理に追われるようになってしまうということです。そうなるとタイツって暖かいだけじゃないんだな、と今更ながら感心してしまいますね。

それで、足のお手入れをする際に何が一番向いているかということも大事なことになってきます。一番オーソドックスな方法としてはやっぱり医療脱毛とエステ脱毛ではないでしょうか。使うのが簡単ですし、例えば入浴時にでもついでに剃ってしまえばすぐに終ってしまうので大変楽な方法です。でも剃っている方法だと、少しでも伸びてくればすぐに目立ってきてしまいますから、またすぐにお手入れをしての繰り返しとなってしまうので、長年やっていますと結構疲れてくると言うか、ウンザリしてきてしまいます。

今年も気持ちだけで終わってしまうのか

女性に生まれたからには、ムダ毛のお手入れに手を抜きたくないですよね。
他の人から、あの人キレイと思われたいのは、女性だったら誰でも思うことではないでしょうか。

そのムダ毛のお手入れですが、面倒に感じることはありませんか。
肌トラブルにならないように気をつけながら全身脱毛 札幌で処理するのは容易ではありません。
夏になると、ムダ毛のお手入れ回数も増え、エステ脱毛してみたいなと思ったりします。

毎年夏になると、エステの広告を見ては「今年こそはサロンへ行ってみよう」
そう思うのですが、なかなか足が向かず、結局自己処理で済ましてしまう。
こんなことが何年続いているでしょうか。
ムダ毛の自己処理を長く続ければ続けるほど、肌に負担がかかるのはわかっています。
でも、なかなかキャンペーン ミュゼ 予約でもないと思い切って行けるところではないですよね。
なんでしょう。とても敷居が高いところに感じるのです。
きれいなスタッフさんがいて、高級感のある店内で。。。
お金もちが行くところと思っているのは、私だけかもしれないですね。